作業員と女性

トランスオーシャンプランニングを利用するメリット

家庭で電力を生み出す

ソーラーパネル

それぞれの機器の働き

一般住宅用の太陽光発電の仕組みは、太陽電池モジュールとパワーコンディショナーに分けて考えることができます。太陽電池モジュールは2種類の半導体を貼り合わせた形になっていて、太陽光が当たると接合面に電子の流れが発生します。この光電効果を利用して電流を取り出すのが、基本的な太陽光発電の仕組みです。太陽電池モジュールで作られた電気は直流なので、そのままでは家庭用の電化製品を動かすことができません。そこでパワーコンディショナーを用いて、直流の電気を交流に変換します。パワーコンディショナーの働きで、電気を最も効率よく使用することができ、停電など不測の事態にも対応可能になります。また太陽光が強く発電量が多いときは、電力会社へ送電することにより、売電収入を得られるようになっています。これは太陽光発電の普及を促進する一助となっており、太陽光発電の仕組みの中でも重要な部分を占めています。このほか太陽光発電の仕組みには、家庭内で電気を配分する分電盤や、電気の使用量をモニターする電力量計なども含まれます。太陽光発電の設置費用は、太陽電池モジュールの枚数によっても変わりますが、一般家庭用の3.5kwモジュールで百数十万円程度とされています。パワーコンディショナーが20万円台、その他の機器が十数万円で、ほかに設置工事や配線工事の費用がかかります。この価格は年々低下傾向にあり、また補助金も活用できるので、実際にはもっと安くなる可能性があります。