作業員と女性

トランスオーシャンプランニングを利用するメリット

業者を選んで売電の実施

住宅

価格の上限はない

太陽光発電を導入しようという動きが強まった影響として大きいのは固定価格買取制度の実施です。安定して一定した金額で売電できるお陰で、将来的にも太陽光発電によって利益を上げられるだろうと考えられるようになり、家庭でも太陽光発電を導入しようという考え方が広まりました。買取価格も高めに設定されているのが魅力であり、長期間に渡って安定して売電による利益を確保できます。しかし、買取価格として定められているのは下限額であり、それ以上であっても問題はありません。そのため、買取先の業者を選び直すことによって買取価格を引き上げられる可能性があります。固定価格買取制度では電力会社に対して買取価格の下限を定めたものなので、電力会社には買取価格をそれ以上の好きな価格に定める自由があります。電力自由化によって新しい会社が電力業界に参入するようになりましたが、その顧客獲得の方法として太陽光発電の買取価格に上乗せをするという戦略を取っている業者もあるのです。太陽光発電を積極的に行い、売電によって利益を得ることを目的としているのであれば電力会社の切り替えを検討してみると良いでしょう。1kWhあたり1円から2円程度を上乗せして競争している状況があるため、発電量が多くて昼間はほとんど電気を使用しないという家庭の場合にはメリットが生まれる可能性は十分にあります。各時間帯の電気代との兼ね合いも考えて検討してみるのが賢明でしょう。